想い出は甘い月とともに沈む

半分は自分用の備忘録です…

第12回モンド王座決定戦第3戦

第1戦、第2戦については何も書いてないのですが、いきなり第3戦から適当に書いてみます。ちなみに、麻雀はやるのは好きですがハッキリ言って下手な部類に入ると思っています。技術的に下手なだけならまだしも、ギャンブル全てにおいて言えるのですがとにかくセンスがないんですね。勝負どころの見極めが本当に下手くそ…これはギャンブルをやる上で致命傷です。逆にこれが出来るなら多少技術的に劣っていても結果はそこまで悪いものにはならないと思います。

さて本題に戻って対局についてですが、東場は魚谷プロの丁寧な打ち方が特に目に付きました。この人は見てる限りでは雑な打ち方は一切しません。毎巡毎巡本当に正確に正着打を重ねていきます。その上読みも非常に的確で、多少きつく見える牌でも読みの正確さに基づいて押していける印象があります。茅森プロは一瞬切るのを躊躇した、ダマ満貫への振り込みからピタッと手が止まってしまった感じ。井出プロは半荘を通して本当に厳しい配牌・ツモとなっていました。個人的に応援している近藤プロは手は一番入っていたと思います…手が入るだけでなくきちんと上がり切ってはいるのですが点数としては魚谷プロの方が上で南場を迎えました。

南入して早々に近藤プロがツモあがってトップに出ます。しかし2局で茅森プロのリーチを魚谷プロがしっかりかわし切ってトップに肉薄。この辺は本当にやるべきことをしっかりやっているなと思わされます。茅森プロはこの半荘に関しては厳しい状況になってきました。3局では親の近藤プロが早めのリャンメンリーチからツモあがりましたが決定打になるような点数ではなく、逆に1本場では魚谷プロがあがり返して再度トップに立ちます。ここまで全く名前の出てこなかったラス親の井出プロはオーラスで猛連荘をします。まず1回あがった後に全員テンパイを挟んでもう1回あがり、さらに2回テンパイ流局を重ねて5本場でもあがります。3回あがったもののリーチは1回もなく、いずれも決定打にはならず。結局6本場で軽い配牌を貰った魚谷プロがあがり切ってこのシリーズ2勝目。

第3戦を終わった時点でトータルスコアは1位の魚谷プロ以外はマイナスポイントなっており、2位の近藤プロとでも100ポイントくらいの差が出来ました。かなり結果が見えてきた感じではありますが最終戦を楽しみにしたいと思います。